2008年01月19日
重量衝撃音対策、中低音域の固定伝播音軽減に効果的な制振材「音パット」に関する取り扱い説明書
中低音域の固定伝播音軽減に効果的な制振材「音パット」に関する取り扱い説明書

 インフォレントでは防音マンションや防音音楽スタジオの建設を通じて、防音技術に関する総合的な技術開発を行っています。世の中、吸音材、遮音材に関しては様々開発されているのですが、振動対策に安くて効果的な建材として身近に使えるものは少ないと感じています。
 その中で特に悩みの中低音域の音や床衝撃音対策として、私たちが一番信頼して活用している建材がこの「音パット(制振材)」+「音シート(遮音材)」の組み合わせです。重量衝撃音(LH)レベルで約10db改善する効果があります。私達が御手伝いして出来あがったALC造防音マンションの隣戸防音室間騒音計測では▲73dbを達成しています。プロを唸らせる+アルファの建材、それがこの「音パット(制振材)」+「音シート(遮音材)」なのです。
 私たちのところへ全国多数のゼネコン、工務店、設計士、ビルーダー様からお問合せを頂いており、部材としても出荷を開始しております。プロ、個人問わずこの製品にご興味のある方に広く御気軽に使っていただければと思います。
 インフォレントは製造元東京支社として現在この製品の普及活動及び代理店開拓の一翼を担っています。ご興味ご関心のある方は、03−5822-4800インフォレント 工藤まで御気軽にご連絡下さい。

2008/04/15現在
音パットカタログ・取扱説明書(施工マニュアル) ダウンロードdownload(pdf形式 acrobat reader) 
音パット設計価格表 ダウンロードdownload(pdf形式 acrobat reader)
音シート設計価格表 ダウンロードdownload(pdf形式 acrobat reader)

※工務店様、リフォーム会社様、建設会社様、資材メーカー様、建築資材問屋・卸売り会社様は
別途お問合せ下さい。全国に施工販売協力をしてくれる方を募集しています。
お問合せ先 03-5209-2177 株式会社インフォレント
otopat1_1.jpgotopat2.jpg






















otopat4.jpg























otopat5.jpgotopat6.jpg
























以下、実際の現場での実験測定データーです。
otopat8.jpgotopat9.jpg






















otopat10.jpgotopat11.jpg






















otopat7.jpg
 音楽スタジオなどより高い衝撃音対策が必要な場合には「音パット」+「音シート」の組み合わせを床壁とも二重に重ねて施工をしていきます。

 共鳴防止の為には、9mm厚のハード石膏ボードと20mm厚の強化石膏ボードをサウンドカット接着剤で張り合わせたものを使用すると効果があります。

 音パットは天井、床、壁と三面に使える建材ですので実際の施工では基本的に一人の大工さんで全てまかなえます。

※インフォレントで推奨している音シート(遮音シート)は中に鉄粉が入っており比重が3.3もあります。大変重量があります。
 通常、ホームセンターなどで手に入る遮音シートは性能が高いもので1.6〜2.5前後です。音シート以外と組み合わせて使用する際には、厚みと比重に気をつけて採用するようにしてください。
 薄いものや比重が小さい場合には2枚重ね、3枚重ねする必要があります。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月15日
ピアノ消音ユニットを利用する方法

コルグピアノ消音ユニット

syouonunit1.jpg
部屋を防音しなくてもピアノの音を消すことが出来ます。このユニットを付ければ既存のアップライトが音色そのままで電子ピアノに早代わり!これで深夜遅くても演奏できますよ。




syouonunit2.jpg
ユニットの内容は左の写真の通り、これをピアノの中に組み込みます。


















特徴について
 ピアノ・アクションに消音バーを取り付け、ハンマーが弦を打つ直前で止めることで、生ピアノの音が消音します。ピアノに負担をかけず、自然なタッチ感のまま弾くことができます。タッチを精巧な光センサーで読み取り打鍵の微妙な強弱やニュアンスをそのまま再現した演奏が可能です。鍵盤を弾く強さによる音の強弱の変化の度合いを3種類から選ぶことができます。



主な機能について
ピアノ音色以外に、エレクトリック・ピアノ、オルガン、ハープシコードなど8音色、エフェクト機能、ピアノ曲デモ、ピアノ・レッスン機能、自分で弾いた演奏を録音、再生できる2トラック・シーケンサー付レーコーディング機能。アンサンブル演奏可。メトロノーム機能、古典調律対応(キルンベルがー、ヴェルクマイスター)

キー・トランスポーズ
他の楽器や曲にキー(調)を合わせる必要があるとき、この機能により簡単に移調して演奏することができます。また、ピッチ・コントロール機能で音程の微調整も行えます。


機器の接続について
2つのヘッドホン端子を装備。外部オーディオ機器出力。MIDI、USB端子。WindowsXP対応




 参考価格 本体14万2千円前後 取り付け工賃3万円前後で楽器店で売られています。

コルグ消音ピアノ・ユニット仕様 (*はKS-32B/KS-15Bのみ)
音色プログラム数 8音色(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス) 音源システム ステレオ・サンプリング 最大同時発音数 64 エフェクター リバーブ、ブリリアンス(各3段階) レコーダー 2パート、1ソング、14,000ノート、録音、再生/停止、一時停止(再生中/停止中の小節移動可能)、パート1、パート2  デモ曲 184曲(音色紹介デモ8曲、ピアノ曲176曲) 、ピアノ曲デモはピアノ・レッスン機能付き(任意小節からの再生/任意区間のリピート再生/右手、左手分離再生/テンポ変更)  メトロノーム テンポ、拍子、アクセント、音量 キー・トランスポーズ あり  ピッチ・コントロール あり 音律 3 タッチ・コントロール 軽め / 標準 / 重め ペダル ダンパー、ソフト (ハーフ・ペダル対応)  表示器 7セグ3桁LED 接続端子 LINE OUT(ステレオ・ミニ・タイプ)、ヘッドホン端子 x 2 USB端子 USB 1.1対応(Windows XP(Home/Professional)、Mac OS X 10.2以降に対応) MIDI端子 IN、OUT スピーカー* 6.3W x 1(バスレフ方式)  電源 DC12V  外形寸法 268(W) x 200(D) x 58(H)mm(音源ユニットのみ)  重量 1.6kg(音源ユニットのみ)  付属品 ヘッドホン、ACアダプター、CD ROM(KORG USB-MIDI Driver for Windows XPを収録)、スピーカー*

2_1.jpgメーカー製品情報 http://www.korg.co.jp/Product/PianoSilenceUnit/


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月08日
セルローズファイバーによる防音について
celrose0.jpgセルローズファイバーによる防音について

セルローズファイバーは古紙を原料に作られた断熱材です。
隙間無く均一に吹き付けることができること、ファイバー状で吸音力に秀でていることから「吸音材」として活用することが出来ます。

昨年11月、新設された事務所で「役員室の声が丸聞こえで困っている」という相談を貰いました。
 原因を調査したところどうやら壁の内部でコインデランスが発生しているようです。
何か吸音材を入れる必要があります。既に壁工事は終了しおり、あまり費用も掛けたくないし、仕上も変えたくないとのこと。

どうしたらいいものか・・・?

そこで採用したのがこのセルローズファイバーによる防音工事でした。
壁の数箇所に孔を空け、そこからセルローズを噴射します。結果は、音が気にならなくなるレベルまで下がりました。めでたしめでたし。

ちなみにこの際の費用DATAは、インフォレントで1万円/平米で、計26万円でした。全体で使うと高いですが、天井や壁のポイント的に吸音力アップする生活防音の為の素材として使うには非常に適していると思います。



コメント
 先日、ある東京駅付近にある法人様から役員室の話し声が丸聞こえで困っているというご相談をいただきました。壁仕上げを壊さない方法で防音施工できないかという要望でした。
そこで、このセルロースファイバー工法を採用しました。壁にわずかな穴をいくつか空けてセルロースを注入しまそた。結果はGood!。無事、話し声は聞こえなくなりました。壁を壊す工法に比べて費用は5分の1で済みました。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月08日
L値についての 重量衝撃音LHと軽量衝撃音LL
fi02-2.jpg
L値について

床の衝撃音の性能を現す数値。L値の数字は小さいほど遮音性能が高い。L値には次の二種類が有る。

1.軽量衝撃音(LL)
軽量かつ硬い衝撃で、靴履きでの歩行などで発生する振動。
主として、イスの移動音やスプーンを落とした時のような中・高音域の遮断性能に関する音響性能。


2.重量衝撃音(LH)
重くかつ柔らかい衝撃で、子供が飛びはねる時などに発生する振動。
主として中・低音域の遮断性能に関する音響性能。


LH−30 通常では聞こえない
LH−35 ほとんど聞こえない
LH−40 遠くから聞こえる
LH−45 聞こえても意識しない
LH−50 小さく聞こえる
LH−55 聞こえる
LH−60 よく聞こえる
LH−65 発生音がかなり気になる
LH−70 うるさい
LH−75 かなりうるさい
LH−80 うるさくて我慢できない


共同住宅の床の遮音性能基準
5等級 LH−50 LL−45
4等級 LH−55 LL−50
3等級 LH−60 LL−55
2等級 LH−65 LL−60


コメント
床の材質が比重が高い(固くて重い)ほど遮音効果は高くなる。床のコンクリートスラブが厚いほど遮音性は良くなる。
マンションでは上表のように遮音性能を定義している。衝撃音を単にL値としか表現していない場合がある。これは公庫融資基準では「LL−50あるいはLL−55以上」と決められている為、重量衝撃音(LH)か軽量衝撃音(LL)のどちらか一方を満たしていれば性能表示できる訳で、軽量衝撃音LLのみの遮音性能表示だけで済ませることが可能になっているから、不利な場合は敢えてLHを表記しないことがある。
マンションなど実際に入居後に階下、階上の騒音でトラブルや問題になるのは、この重量衝撃音(LH)対策が実際には出来ていないために起こることが多い。購入前であれば、この重量衝撃音LHについて、しっかり性能が出ているのかどうかチェックする必要がある。
もう既に問題が生じてしまっている場合には、次のような対策をとる必要がある。
‐欧鯢發床とする。
■僑娃覦幣紊離蹈奪ウール、もしくは24k以上ググラスウールを厚さ50mmで挿入。
遮音シートを敷く。
特に ↓は重量衝撃音対策で重要である。△狼朮擦肇┘魁舎瓢澆琉戮帽圓Α

床防音工事費用はインフォレントでの過去の経験値ではフローリング等仕上材別で平米あたり2.5から3万円位が目安である。


遮音
等級
床衝撃音としての生活実感
走りまわり、足音など椅子、物の落下音などその他の例
L-40遠くから聞こえる感じ殆ど聞こえない気がねなく生活ができる
L-45聞こえるが気にならないサンダル音は聞こえる少し気をつける
L-50ほとんど気にならないナイフなどは聞こえるやや注意して生活する
L-55少し気になるスリッパでも聞こえる注意すれば問題ない
L-60やや気になるはしを落とすと聞こえるお互いに我慢できる限度

出典:「住宅防音と調音のすべて」久我新一監修 技術資料


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月06日
世田谷防音スタジオ
マンスリー防音スタジオ世田谷貸し音楽スタジオ


貸しスタジオのご案内です。借りたい方募集!

世田谷区桜丘2-27-14さす吉ビルB1F
小田急線千歳船橋駅1分
Aスタジオ14.5帖 13.5万円
Bスタジオ13.5帖 12.5万円
Cスタジオ 3.5帖 未着工・賃料未定
礼金1ヶ月 敷金2ヶ月 電気、水道代は実費按分
24時間演奏可能、教室利用可能な貸し防音スタジオ
複数のグループでのシェアリング可能です。
即入居可 テナント募集中! 態様 貸主★ 
お問い合わせはインフォレント 03-5822-4800 工藤までP1000179.jpgP1000181.jpgP1000186.jpg

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月06日
▲45db高性能組立式防音室 新品

組み立て式防音室[音部屋]

防音性能45db 新品販売中!

bouonshitsu_gaikan1.jpg
従来の商品との違い 壁厚が約1/3で居住性が向上しました。防音性能はDr-45、某大手音響メーカー同等品と比べ10db程アップしています。完全浮き壁・床・天井。音部屋は制振設計。吸音による防音構造と異なります。音場がデッド(無反響)になり過ぎず、ホールのような透明感のある響きを楽しむことができます。練習中に耳や喉を傷めません。演奏室、オーディオルーム、カラオケボックス、ボーカルレッスンに最適です。性能保証付





1.5畳防音室タイプ▲45db
外寸1350mm(D)×1800mm(W)×2200mm(H)
内寸1176mm(D)×1636mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格988000円 888000円 キャンペーン中
組立費10万円 運送代65000円
組立費52500円 運送代31500円

bouonshitsu221.jpg2.2畳防音室タイプ▲45db
外寸1800mm(D)×1800mm(W)×2220mm(H) 重量400kg
内寸1636mm(D)×1636mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格1155000円 997500円 キャンペーン中
組立費10万円 運送代65000円
組立費52500円 運送代31500円









bouonshitsu251_1.jpg2.5畳防音室タイプ▲45db
外寸1800mm(D)×2250mm(W)×2220mm(H) 重量450kg
内寸1626mm(D)×2076mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格1260000円 1050000円 キャンペーン中
組立費12万円 運送代75000円
組立費52500円 運送代31500円











otoheya_30_01.jpg3.0畳縦型防音室タイプ▲45db
外寸1800mm(D)×2700mm(W)×2220mm(H) 重量450kg
内寸1629mm(D)×2529mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格1557000円 1347000円 キャンペーン中
組立費12万円 運送代75000円
組立費62500円 運送代31500円









otoheya_30y_01.jpg3.0畳横型防音室タイプ▲45db
外寸1800mm(D)×2700mm(W)×2220mm(H) 重量450kg
内寸1629mm(D)×2529mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格1557000円 1347000円 キャンペーン中
組立費12万円 運送代75000円
組立費62500円 運送代31500円







bouonshitsu441.jpg4.4畳防音室タイプ
▲45db 
外寸2250mm(D)×3150mm(W)×2279mm(H) 重量800kg
内寸2076mm(D)×2976mm(W)×2140mm(H)壁厚87mm
本体価格1785000円 1438500円 キャンペーン中
組立費14万円 運送代85000円
組立費73500円 運送代31500円












bouonshitsu_seinou.jpg※設置可能な有効天井高2350mm以上。梁下対応加工は一面あたり10%アップで対応いたします。特注サイズ対応します。

全タイプ サイレンサー付き換気口(機械強制排気方式)及び円形照明、コンセント二箇所が標準装備。 ドア寸法1900mm(H)×831mm(W)、扉は(黒色)焼付け塗装仕上。ダブルパッキン。ローラーレバーハンドルです。2重ガラス付き♪。内部床仕上は防音仕様のタイルカーペット。

オプション
・壁ガラス窓 ・・・ 105000円
・壁紙変更  ・・・  50000円(1色)
             150000円(ツートン・ボーダー仕上)
・スポットライト照明(可動式レールタイプ)
          ・・・ 63000円(スポットライト4ケ)
・エアコン    ・・・105000円
・更に防音性能をアップしたプロフェッショナル用▲60db型防音室「音部屋プロ」も開発済みです。「音部屋プロ」の価格は45db型の各1.7倍です。(内寸は70mmほど小さくなります。)

※運送代は工場から建物入り口までの価格で関東地方、東海地方までの料金です。その他のエリアは別途見積もりとなります。建物入り口から室内への搬入をご希望される方は階数やEV使用の可否などで別途見積もり金額が変動します。搬入費(車上から荷揚の為の費用)目安、EV利用可2.5万円、EV利用不可5万円(〜4F)。

居室にあわせた自由な設計もご対応できます。受注生産、現在の納期は約1ヶ月となります。音楽家のための環境作りを総合的に応援いたします。お気軽にご相談下さい。お問合せ先 03-5822-4800本部 防音リノベーション事業部


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年01月06日
制振材としてのハードファイバーボードについて

05a.jpgファイバーボード
 
ファイバーボード(繊維板)
木材、植物を主原料とし繊維化して成形した板状製品
ファイバーボードは、インシュレーションボード、中質繊維板、ハードボードなどの規格があったが、JIS A5905として一本化された。密度により3種類のボードに分類されている。



1.インシュレーションファイバーボード(IB) 
 1.1.A級インシュレーションボード
 1.2.タタミボード
 1.3.シージングボード(外壁下張用)
遮音、遮熱などの特性がある。アスファルトなどで処理されたものは断熱下地材として多く使われる。また畳床として利用されることが多い。


2.メディアム・デンシティファイバーボード(MDF)
 2.スタンダードボード(S)(無処理)
 2.オイルテンパリングを施したテンパードボード(T)(処理)
 表面にプラスチックシートなどを接着したり、合成樹脂塗料により印刷又は塗装したものとがある。MDFはファイバー状で緻密なため、曲げ強さ、はく離強さでパーティクルボードを上回る。表面の平滑性と端面の緻密さにより、家具や住設に使われることが多い。


3.ハードファイバーボード(HB)
 3.1.両面平滑(S2S)ボード
 3.2.片面平滑または裏面網目(S1S)ボード
金属に比べ軽く軽量化に適していること、低コストで加工が容易なことから自動車内装材2.5mm厚として利用されることが多い。建築用ではJIS35及び45のもので壁倍率が厚さ5mm以上のものが2.5倍、7mm以上のものが、3.0倍として認定されている。

http://www.jawic.or.jp/tech/syurui/syurui5.php 
日本木材総合情報センターより抜粋ン引用

※特に有孔ハードボードはハードボードに孔をあけたもので「ハンガーボード」という。壁に吸音性を利用して天井や内壁にも使う。比重0.8

※制振材としての応用事例
ナショナル洗濯機 

p2_02_01_it_img.jpgボディ鋼板に制振材(ハードファイバーボード)をプラスした独自のサイレント制振構造を採用。運転時の振動や騒音を吸収します。
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=NA-FR8800







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています