2007年02月26日
防音室の換気について
換気に関する知識

□第1種換気方式:給気、排気を機械によって強制的に行う方式。熱交換型とも呼ぶ。給排気に電力を使う。

□第3種換気方式:給気は室内との圧力差で自然の外気を取り入れ、排気を強制的に行う方式。排気型と呼ぶ。熱交換型に比べて施工性に優れ、低コスト。排気のみ電力を使う。

防音室の換気について
□第3種換気方式による換気
 換気口を防音換気口とする。
 排気管に中音域の消音にはフレキシブルダクト※やフレキサイレンサー、低音域の消音にはエコーライン※、排気口には特製サイレンサー※や防音フードを取付けて消音をする。

□給排気型エアコンによる換気
 給排気型エアコン・・・給排気計算及び建築基準法上の換気基準に適合するか計算をしてチェックする必要がある。

□圧力損失特性
必要換気量の確保は防音室設計上、重要です。目的や用途に応じて圧力損失特性を調査し、必要な排気量を計算します。低音に強い外付用サイレンサーや防音フードは市販されていませんので、音部屋では「特製サイレンサー※」を個別に製作して使っています。窓にシャッターを付ける設計をしておくのも効果的です。

 ※印 性能は45db仕様となっております。詳しくは音部屋ドットコムにお問い合わせ下さい。

給排気型エアコンの例
商品番号59913660.jpgAS-28PPX-W(換気付)
特徴EX換気機能
世界初の給・排気専用の熱交換器を使用した換気システム。効率的な換気を行います。
フルシーズン除湿
従来できなかった暖房サイクルでの除湿ができる事により、冬の低温時でも結露の防止など十分な除湿運転が可能になりました。(条件によっては温度・湿度が設定通りにならない場合があります。また、加湿機能はありません)
チタンアパタイトフィルター
エアフィルターに光触媒「チタンアパタイト」を配合。キャッチしたホコリや雑菌を除菌します。
アレルカット空清脱臭フィルター
花粉(スギ)ダニ(コナヒョウヒダニ)などをしっかりキャッチ。チタンアパタイトフィルターとのW効果で、お部屋の空気をキレイにします。
メーカー富士通ゼネラル



p03_1.jpg一年中使える空気浄化機能としての同時給排換気システムと、オールシーズンサポート機能。また、いつ見ても満足できるデザインと好みに応じてカラーを着せ替えできる7色のパネル。当初、開発コンセプトとして掲げた“年中使いたくなるエアコン”

三洋電機
24時間365日空気の汚れを見張り、カビ※1・菌※2・ニオイの発生を未然に防ぐ。

エアコン内部のカビ※1・菌※2・ニオイの発生を未然に防ぐ 「エアウォッシュ機能」(ブロックモード) 搭載
自動でお部屋の汚れを感知、除去、換気する 「エアウォッシュ機能」(アタックモード) 搭載
トップクラスの省エネ性能と温度体感センサー付感じるリモコンによる実使用省エネを実現
EX22Uは、室内機SAP-EX22U(パネルなし)+室外機SAP-CEX22U+前面パネルの3つでワンセットです。前面パネルは、7色のカラーから1色を自由にお選びいただけます。

オープン価格
期間消費電力量:723kWh
暖房のめやす:6〜8畳(10〜13)
暖房能力:2.8kW(0.1〜5.7kW)、消費電力:460W(50〜1310W)
冷房のめやす:6〜9畳(10〜15)
冷房能力:2.2kW(0.1〜3.2kW)、消費電力360W(50〜695W)
外形寸法(室内):幅89.8×奥行20.0(据付後20.3)×高さ30.0cm
外形寸法(室外):幅79.0(+7.0)×奥行28.5×高さ56.9cm
質量(室内):13.0
質量(室外):40.0


コメント
 必要換気量の目安として下記に早見表を載せておきます。参考にしてください。

 天井高 2.4m*部屋面積*0.5回/h
  4.5帖 8.9m3/h  6.0帖 11.9m3/h  7.5帖 14.9m3/h  8.0帖 15.8m3/h
  10帖  19.8m3/h   12帖  23.8m3/h  15帖  29.7m3/h  20帖  39.6m3/h
  30帖  59.4m3/h


  天井高 2.4m*部屋面積*0.7回/h
  4.5帖 12.5m3/h  6.0帖 16.6m3/h  7.5帖 20.8m3/h  8.0帖 22.2m3/h
  10帖  27.7m3/h  12帖  33.3m3/h  15帖  41.6m3/h  20帖  55.4m3/h
  30帖  83.2m3/h


エアコンを24時間換気の第三種機械設備として使用する場合の注意事項
・換気機能付で第三種機械設備の認定が取れている機種を選択して下さい。
・吸気口の位置や大きさ、排気口の位置、ダクトの設置方法などは所定の規則に従って設置します。
・エアコンの運転音はかなり気になりますので、動作音が静かな機種を選びます。


ちなみに改正建築基準法に対応機種は
・東芝 大清快「EDRシリーズ」
・三菱 霧ヶ峰「ムーブアイ」
・ダイキン うるるとさらら「R,RXシリーズ」


エアコンではありませんが、改正建築基準法に対応の換気扇として
・Q−hiファン(常時同時給排・外気清浄機能付)松下電工

を防音室施工の際には使っています。他にロスナイもあります。
top_product1.gif

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年02月07日
フラッターエコー
平行な壁面間などで音が何回も反射することによって起こる一定(フラット)な音のこと。
キキキとかワンワンワンと響くような音が鳴る。「鳴き竜」とも言う。
剛質な材質、平行する壁面、、凹状の壁面や曲面状の天井などで発生し易い。

フラッターエコー対策として

1.平行壁を無くす。

2.コーナー(凹部分)を無くす。

3.吸音材、吸音パネルを追加する。

などがある。

関連語 スウィープエコー
フラッターエコーの周波数が一定の周波数を保つ特徴があることに対して、残響室などで周波数が時間に比例して直線的に傾斜(スィープ)して上昇する現象がみられることがある。この現象をフラットエコーと区別してスィープエコーと呼んでいる。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年02月07日
暗騒音
同じ音を出すのでも、日中に音を出すのと深夜に音を出すのでは深夜に出る音の方が気になります。その場所に存在している対象とする音以外の騒音のことを「暗騒音」といいます。
明かりの世界でも明順応、暗順応と言っていますが、音の世界でもあります。

つまり、

感覚的な音量=対象とする楽器の音量−暗騒音

と言えます。
そういう意味で言えば、高速道路や大きな通り沿いや線路脇に立地している建物はこの暗騒音が大きいわけなので、感覚的な音量を下げたい場合にはむしろ好立地?と言えます。賃貸住宅としてのハンデが逆に有利に転じるわけです。

防音計画をする際にどれ位の目標で設定するべきか?

コストやスペースとの戦いの中でもっとも悩むポイントだと思います。
周りが閑静な住宅や隣りや階下が寝室の場合、演奏時間が深夜になることが多い場合は、この暗騒音を考慮して設計施工をする必要があります。