2004年11月13日
短歌2 アッサムティー







「目を閉じて 遠く旅した 印度の地
        喉に染み入る アッサムティー」



日曜日の午後、恵比寿のオープンカフェでアッサムティーを飲んでいました。喉ごしに暖かいミルクティーがジワーと心地よく落ちていく。瞼を閉じれば、17年前に旅したインドの旅を思い出しました。アッサム地方の茶畑がずーと続く風景。汽車で30時間乗り継いで着いたシーロンの街。バスで10時間以上続く山岳路を超えて着いたダージリンの街。無口で素朴なインド偏狭の人々、街の雑踏...。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています