2005年07月28日
相手を認めるということ
「自己存在の確認」が人間の行動原理として存在することを最近気がついてきていた。

そして今朝、まあちゃんと禅問答のようなことをしていたら、「相手の存在を認める」ということに気がつかされた。

自分は相手を尊重し、大切にしているつもりだったが、それは表面的な言葉や上っ面の行動だけで、本当の意味で相手を理解してはいなかったと思った。

自分の価値観を押し付けていたような気がする。
押し付けない時でも、それはそれまでの関係と割り切って付き合っていただけのような気がした。
つまり相手を認めていなかったのだ。相手の価値観を認めていなければ尊重も出来るはずが無い。
中村天風の言葉を応用すれば、

相手の価値観を知り、認めること。それが第1歩。
自分の価値観を語り、伝えること。それが第2歩。
好きになれるか、好きになってもらえるのかが第3歩。

もっと踏み込んで言えば、
相手の興味関心価値観を理解するばかりでなく、欠点、弱さですら理解しフォローできるのか?
自分の欠点、弱さを理解してもらえるか?それをフォローしてもらえるのか?
人付き合いが真に深くなるかは、その価値観を交換し、認め合い尊重できるかどうか、フォローされフォローしてあげられるか、が肝要だと改めて思った。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています